マンゴーの聖地でマンゴーかき氷!玉井への行き方とマンゴーかき氷

マンゴーの季節がやってきた

以前もブログで触れましたが、6月~8月はマンゴーの季節。

5月にもすでに市場で見かけるようになります。

→台湾でマンゴー食べられる時期と値段、切り方と食べ方

そんなマンゴーの産地、いわばマンゴーの聖地ともいわれる場所が台南にはあります。

それが玉井区!

玉井と書いて、台湾ではユージンと読みます。

青果市場など一般人も入ることができ、街にはマンゴーを使ったスイーツの店が沢山あります。

今回、ブログでは台南市街地から玉井へ行く方法と帰り方。

お薦めのマンゴーかき氷のお店を紹介します!

台南駅前からバスで玉井へ

玉井へはバスで行きます。

時間は片道70分くらい。

タクシーで行けなくもないですが、1000元くらいかかると思います。

バスでしたら、片道119元。

ヨーヨーカードと言う台湾のSUICAみたいなものを使えば20パーセントオフくらいにはなったと思います。

バス乗り場はこちら。

台南駅西側ロータリーにある、ひときわ目立つ建物の前にあります。

セブンイレブンの前と覚えても良いと思います。

このバス乗り場で綠幹線にのります。

電光掲示板に玉井〇分と書かれていますので迷うことは無いでしょう。

写真ではカメラと電光掲示板の波長が合ってないのでちゃんと映ってませんがしっかり書かれています。

気を付けなければならないは、玉井行きのバスは緑のバスですが、

他にも通常(鈍行??)の緑バスも来ます。

これに乗ってしまうとかなり長い時間がかかってしまいますので、

必ず綠幹線と書かれているバスに乗りましょう。

時刻表もありました。

15分から30分間隔で来ます。

バス到着です。

新化経由で玉井に行くので、新化と玉井両方の行き先が表示されていますが、

玉井、緑幹線、この二文字が出ていれば間違いないでしょう。

心配であれば、バス会社のスタッフがいますので間違いないか聞いてください。

バスのお金の払い方は、

ヨーヨーカードであれば、乗るときと降りるときにカードでピッとやればOK。

現金で支払いの時は、お金を箱にいれます。

おつりは出ないのでピッタリ持ちましょう。

現金の場合はレシートを渡されますので、バスを降りるまではちゃんと持っておきましょう。

台南の市街地を抜け、新化のバスステーションへ。

そのあとはずっと田舎道です。

山奥に行くほどマンゴーの畑が見えてきます。

本当にマンゴーばっかり、そんなにマンゴーだらけなのかな。。。と思いながらバスに揺られること70分。

玉井は終点ですので降り忘れるということは無いと思います。

到着したらヨーヨーカードをまたピッとしましょう。

マンゴーが激安!青果市場

バスを降りるとなんだか甘い匂いが。。。

バス降り場のすぐ前にあるロータリーにマンゴーのオブジェ?がありました。

ここで、オブジェのほうに行かずに少し戻ると青果市場があります。

まずはそこへ行きましょう。

一般人とか旅行客が入っていいのかな?問題ありません。

青果市場は朝から夕方までやっていますが、

売れた店から閉まって行ってしまいます。

この日は昼過ぎ位に来たので結構数は少なくなっていたと思います。

しかしまあ、マンゴーだらけ

こっちもマンゴー!

あっちもマンゴー!

見慣れている愛文芒果(アーウィン)以外にもたくさんの品種があります。

玉文も甘くて、これも好きなマンゴーです。

青果市場のマンゴーはほとんどカゴ単位で売られています。

旅行者には少しきついですね。

しかし、カゴ一個100元とかで売られていますので、

あんなに山盛りで500円以下なの?え?うそ。

300元なら1000円くらい。

台南の市街地で売られているマンゴーも安いですが、

玉井はもうマンゴーの価格破壊状態です。

買われる場合の注意点、

一盤と書かれているのはカゴ売りの値段です。

1斤と書かれているのは重さの単位ですので、予想より高い金額になることもあり。

注意です。

青果市場ですのでマンゴー以外も勿論あります。

珍しいジャックフルーツ(見た目がドリアンににている)なんかもありました。

マンゴーの聖地でマンゴーかき氷を食べよう

見てばかりでなく食べましょう。

もうここまで来たら、頭の中は食べることでいっぱいでしょう。

先ほどのマンゴーオブジェから市街地のほうに行くと、マンゴーかき氷のお店が沢山あります。

歩きながらどのお店に入ろうかな~

お薦めの店はいろいろありますが、

今回は一番人気のあるお店に行きたいと思います。

それがこちらの有間冰舗です

ちょうど路地にあるので、立地バツグンと言った感じです。

入り口でメニューを貰って何を食べるか選びます。

なんかいろいろ書かれて迷いますが、

こういう時は一番左上にある、招牌(看板商品)を選びます。

小、大、特大とありますが、一人なので小120元を頼みました。

料金は先払いでした。

でてきたかき氷がこちら!

はーい、小を選んで正解でした!

マンゴーたっぷりてんこ盛り。

さらにアイスが乗って練乳もかかってます。

マンゴーはもちろん。

あまーい!

練乳に負けない完熟マンゴー!

上に載っているアイスも濃厚でこれもかなりいけます。

甘い甘いと続いて口の感覚がマヒしそうですが、

こちらの緑色の、これもマンゴー!

コリコリ食感で甘酸っぱい。

この酸っぱさが良いアクセントでクセになりそうです。

一人で食べるなら小で十分ですね。

マンゴーかき氷の食べ歩きとかしようと思ってましたが、一軒で満足してしまいました。

かき氷を食べたあとに街中で見つけた店でチャーメン

食べる順番逆だったな。

街中にはいろいろ面白い絵やキャラクターがいます。

是非散策してください。

可愛いお店番がいるドライマンゴーのお店

せっかくだからお土産を買おうと思ったのですが。

正直、マンゴーをカゴで買って帰るのはかさばるなあと。

そんな時は定番のドライマンゴー。芒果乾ですね。

先ほどのマンゴーオブジェのロータリーのところにドライマンゴーのお店があります。

もうすでに写真でネタバレしていますが、

こちらのお店番をしているのがコーギーちゃんたち!

三匹もいます!

テレビで紹介されたりと人気者らしいです。

店の中をあっち行ったりこっち行ったりしています。

それぞれ、ドゥオドゥオ、ジョウジョウ、ダーダーと言う名前らしいです。

かなりの気分屋さんで遊んでもらえませんでした。

お土産に厚片愛文を購入。

台南市への帰り方

こちらのコーギーちゃんのお店の隣がバス乗り場になっています。

待合室は建物の中で入って休んで待つことができます。

来た時と同じ要領で、電光掲示板で時間をチェック、

緑幹線で台南行きに乗って帰りましょう。

帰りはウトウトしていたらあっという間につきました。

玉井は半日もあれば十分行って帰ってこれる場所です。

台南観光に来た際は、ぜひ行ってみるのを検討してみてくださいねー。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。