邱家小巻米粉でイカの旨みたっぷりのスープ

台南随一の繁華街

台南には國華街(Guó huá jiē)と呼ばれる繁華街があります。

ここは、日本からの観光客は少ないもののとても賑わっています。

休日ともなれば、すれ違う人とは肩がぶつかるほどの盛況ぶり。

そして、國華街の中心にはいつもお昼には大行列を成す小吃のお店があります。

邱家小巻米粉

邱家小巻米粉(チョウジャーシャオジュエンミーフェン:Qiū jiā xiǎo juàn mǐfěn)

と呼ばれるお店があります。

店名をそのまま翻訳すれば、チョウさんの家のイカビーフンという意味です。

イカは中分だと花枝ですが、小巻と書かれることも多いです。

米粉はビーフンという意味ですね。

この日は、平日の3時くらいだと思います。お店に行ったのは。

さすがに行列はありませんが、いつもなら建物の角を曲がってその先まで行列ができています。

並ぶの嫌いな私はいつも時間をずらしていくんですね。

メニューはたったこれだけ。

小巻湯、小巻米粉

どちらも80元。

スープかビーフンだけです。

ご飯として食べに来ていますので、ビーフンを注文ですよ。

大量のイカと温められているビーフンがあります。

ビーフンは見るからに太いですね。

日本人が想像するものとはだいぶ違うと思います。

ビーフン鍋の横には以下の卵?がありました。

いれるか?と聞かれたのでお願いしました。

別に料金は追加にはなりませんでした。

大き目サイズのイカがたくさん入っていますね。

シンプルで透き通ったスープ。

スープはイカの旨みがたっぷり!

イカの味がまるごとします。

太麺のビーフンは噛まずに流し込めるくらい柔らかいです。

通常のビーフンとはだいぶ違います。

イカと卵もそれぞれ食べます。

スープ全体からイカの味がしているので、食感を楽しむような感じですね。

卵はブチブチして甘みもあって美味しいです。

別皿に醤油を出して、イカをつけながら食べます。

これは牛肉湯スタイルと言った感じの食べ方ですね。

台湾ではイカを使った料理は数多いですが、

これほどイカの旨みを活かしたお店はなかなか無いですね。

國華街の散策の際には是非立ち寄ってください。

住所:台南市中西區國華街三段5號

営業時間:11時00分~17時00分

定休日:水曜日

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。