台湾のコンビニのカレーは、まさかの日本のあのカレー

カレーは台湾人も大好き

日本の国民食のカレー。

台湾にも勿論あります。

まあ、そもそもカレー事態日本発祥ではないですから。

カレーと言えば、インドとかですもんね。

日本には最近は台湾カレーと言うものがあるらしいですね。

台湾ラーメンとかと同じようにピリ辛の肉そぼろをかけたカレーのようですが。

そんなカレーは台湾にありません。

でも美味しそうだから食べたいです。

台湾では、所によっては夜市で売られていることもあったり、街中にはオシャレなカレー屋さんもあります。

そして、台湾で作られているカレーの多くはは今や日本のあのカレールーを使用しているのです。

コンビニに行けばその正体がわかります。

日本のカレーが食べたければコンビニへ

セブンイレブンに来ました。

台湾では日本と同じようにコンビニだらけです。

そんなお弁当のコーナーに行くと沢山のカレーがありました。

5種類くらい置いてありました。

中にはタイ風カレーもありますね。

タイ風は泰式と書かれています。

日本のあのカレーはここにあるんです。

ジャワカレーです。

ハウスの文字が書かれています。

ハウス食品のあのジャワカレーが使用されているんです。

爪哇咖喱(ズァーワーガーリー:Zhǎowā gālí)と書かれています。

爪哇がジャワの当て字なんですね。

パッケージ右下にはジャワカレー使用と日本語で書かれていますね。

多種香辛料熟成咖喱と書いてあります。

漢字だけでも意味が良くわかりますね。

ジャワカレーの隣には、

はい、こちらもハウス食品。

使われているのはバーモントカレーです。

ジャワカレーと同じように漢字で当て字されています。

佛蒙特咖喱(フーメンテガーリー:Fúméngtè gālí)

佛ってバーとは読まないんですけど、どんな理由があるのか。

左下に書かれている文字は、

日本暢銷50年以上 經典甘口風味

漢字の意味で何となくわかりますね。

日本で50年以上販売されている、お馴染みの甘口風味

という訳ですね。

バーモントカレー、ジャワカレー、どちらも70元です。

260円くらいか。

さらに上の棚にこんなものもありました。

ココイチ

メニュー名は、咖喱鷄排烏龍燴麺

咖喱=カレー、鷄排=チキンカツ、燴=餡がかかった、烏龍麺=うどん

トロリとしたチキンカツカレーうどん

これめっちゃ美味そう。

もう一個ココイチの商品がありました。

メニューの名前は、咖喱烤鷄焗飯

咖喱=カレー、烤鷄=焼き鳥、焗飯=ドリア

焼き鳥のカレードリア

これも美味しそう!

このように、台湾のコンビニには日本のカレーが沢山あります。

今日はジャワカレーを買って帰りたいと思います。

台湾のジャワカレーは日本と同じ味?

店で温めずに買って帰りました。

お店にはイートインがあるんで、そこで食べてもよかったんですけどね。

温め時間は700wで3分です。

きっちり三分間温めて、

そしてカレーができました。

若干温めが足りませんでしたが、

日本のコンビニカレーもご飯とカレーで上下層わかれてましたよね。

台湾も同じように別になっているんで、暖まったカレーを下のご飯にかけます。

それでは実食。

味の感想はですね、

寸分の狂いもなく、日本のジャワカレーです。

味の感想それだけ?とか思わないでくださいね。

日本人なら誰もが知ってる味なんですから。


日本のカレーの味を懐かしんでみました。

コンビニのカレーはまさにTHEカ日本のレーライスと言った感じですが、

街中のカレーは肉の味付けに八角なんかを使って微妙な違いを感じたりします。

それでも使用しているルーはハウス食品のバーモントとかジャワカレーを使用しているみたいですね。

そんなわけで台湾のコンビニのカレー事情を紹介させていただきました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。