台湾の羊肉はヒツジの肉ではない!台南で食べるなら老曽羊肉!

肉と言えば?

我々日本人が肉料理と言われて思い浮かべるのは、牛、豚、鶏。

地域によってはヒツジ肉と馬肉も一般的なところがありますね。

台湾でも肉と言えば牛、豚、鶏、そしてです。

なんだー、日本と同じか。

その羊、実は私たちが想像するヒツジではないです。

台湾の羊肉はヒツジの肉ではない?

羊と書いて、モコモコの毛を纏った姿を想像するのは、日本人です。

中国、台湾、など漢字を文化として使う国では、羊という漢字と言えばヤギを指すのです。

台湾に旅行に行った人のブログやツイッターで。

「ヒツジの肉おいしかったよ~」

と書いてる人をたまに見ますが、

あ、それヤギですけど?

と心の中でいつも思っています。

モコモコ羊は区別するために綿羊と書きます。

日本でもヤギを食べる地域がありますね。

沖縄にはヤギ汁と言うものもあるらしいです。

やはり、熱い地域ではモコモコ羊を飼うのは大変なんでしょうね。

羊にとっても、あの毛皮を纏って南国で暮らせないでしょう。

台南で地元民に愛されているお店は老曽羊肉

以下文章ではヤギ肉のことですが羊肉と書いていきます。

羊肉は牛、豚、鶏に並ぶ一般的なお肉ですので、街中では沢山の羊肉の看板を見ることができます。

その中で、羊を台南で食べるのであれば、お薦めのお店は老曽羊肉(ラオツェンヤンロウ:Lǎo cēng yángròu)です。

住所:台南市中西區民族路二段131號

営業時間:10時00分~23時00分

台南の中心にあり、中山路の三越の近くです。

台南駅からも近くアクセス便利ですね。

駅とは逆方向から来ました。

駅から来たら本当は左側にあります。

メニューは通路にぶら下がってます。

何を注文しようかな~と見てたら店員さんに声をかけられました、

「内用還是外帶」

食べていく?持って帰る?

食べていきます。内用(ネイヨン)。

カウンターにある注文票をくれました。

メニューの見方と注文の仕方

注文票の食べたいものにチェックを入れましょう。

上から順番に、

炒羊肉は野菜と羊肉を炒めたもの。

羊肉飯盒(ヤンロウファンフー:Yángròu fànhé)ですが、飯盒は日本にもある漢字です。

日本語で「ハンゴウ」です。キャンプとかで使った(最近は使わないでしょう)のハンゴウですね。

羊肉飯盒は米と炒羊肉の箱詰めみたいな感じですかね?

真ん中の湯類、スープ類のことです。

麻油羊肉(マーヨウヤンロウ:Máyóu yángròu)はごま油の羊肉スープ。ごま油の香り

清湯羊肉(チンタンヤンロウ:Qīngtāng yángròu)は透明な羊肉のスープ。あっさりした味。

當歸羊肉は、當歸(ダングイDāngguī)と言う薬膳を使用したスープです。

西打はスーダと言う発音です→ソーダ

啤酒はビールですね。

そんなわけで注文したのは、炒羊肉、清湯羊肉、白飯を注文。

注文票にチェックしたら、カウンターに行きお会計。

195元でした。

羊肉のお味は?

まず最初に来たのはスープのほうです。

清湯羊肉です。

その名の通り、綺麗な透き通ったスープです。

沢山の羊肉が入ってるのがうれしい。細いのは生姜です。

まず、スープなんですが。

あっさり塩で味漬けられていて、そして甘い!

この甘さ、甘味料じゃないですね。

多分羊の肉の脂の甘みだと思います。

凄い美味しい。

カウンターの横にタレ(醤油膏)が置いてあります。

醤油の甘タレみたいなものです。持っていきましょう。

そして、肉をチョンチョンつけながら食べましょう。

肉には一切味をつけられていませんが、噛めば噛むほど羊肉の甘みが出てきます。

タレとの相性もいいです。

そしてもう一つ頼んだ。炒羊肉です。

芥蘭(ジエラン:Jiè lán)と言うお野菜と炒めるのが炒羊肉では普通の食べ方の様です。

この芥蘭、日本ではあまり見ない野菜です。

中華料理によく使うみたいんなんですが、

味は少し苦みがある感じです。

でも羊肉との相性はすごくいいと思います。

ほんのり苦みと羊肉の甘み。

これは白飯が進みます!

美味しい!


ヤギの肉と言われると、日本人にはなじみも無いので、

え?大丈夫?と思われがちですが、

こちらのお店では肉の臭みもあまりなく、美味しい羊肉が食べることができます。

噛めば噛むほど甘みを増す羊肉。

台湾に来たらぜひ食べてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。