台湾旅行の服装は?季節ごとの気候と温度、梅雨や台風の時期は?

台湾旅行に行くならどんな格好で行けばいいの?

私は住んでいるんで、日本と台湾行ったり来たりするときは数日分の洋服とお土産程度しか持っていかないんですよね。

今や海外旅行先一位となっている台湾です。

旅行前にこのブログを参考にしてくださっている方もたくさんいらっしゃると信じて、

「台湾の服装はこんな感じがいいよー」

「天気はこんな感じだよー」

と言うのを本ブログで紹介したいと思います。

台湾の気温と服装について

まず月別に気温を説明することで、服装はこんな感じかしら?と書いていきたいと思います。

台北と台南(高雄)どちらに行くかで気温が結構違います。

北側と南側では同じ日でも5℃くらい違うことは珍しくありません。

それぞれの月の温度を台北と台南に分けて説明したいと思います。

各月の最低気温はその月の最高気温に対してマイナス7~10℃くらいだと思ってください。

1月・2月

台北:最高気温15~20℃。

台南:最高気温20℃前後。

日本では真冬の季節です。

この台湾の温度を聞いた日本人は、うわっあったか~い♪と思うかもしれませんが、

台湾は基本的に暖房がありません。

暖房が無いところでの20℃って想像以上に寒いんですよ。

夜などは薄手のダウン(ライトダウン)のようなものを着てもいいくらいの感覚です。

この時期は南国だからと言って半袖短パンはお勧めしません。

3月・4月

台北:最高気温20~25度。

台南:最高気温25~30度。

一気に気温が上がる季節です。

日によってばらつきが結構あるためすでに真夏の時もあれば、意外と涼しい日もあります。

少し厚めの上着のようなものはあった方がいいでしょう。

台南以南だったら夏の格好でも良いかもしれないですね。

5月・6月・7月・8月・9月

台北:最高気温25~35度。

台南:最高気温30~35度。

体感温度は40度を超えることもあります。

夏真っ盛りシーズン到来です。

特に6~9月はマンゴーの季節ですね。

芒果について書いた記事はこちら→台湾でマンゴーを食べられる時期と値段

フルーツが美味しい季節ですので、この時期が一番台湾を満喫できるかもしれません。

ただし、日本でいうところの猛暑と呼ばれる日が、とにかく続く感じになります。

気温が高いだけでなく、湿度もとにかく高いです。

格好は半袖短パン、通気性のいい服でいらっしゃることをお薦めします。

ただし、タクシーや乗り物、デパートや飲食店ではエアコンをガンガンかけていますので、

薄手の羽織るものを持っていくといいでしょう。

10月・11月・12月

台北:最高気温20~25度。

台南:最高気温25~30度。

みるみる気温が下がり快適になります。

3月、4月同様、気温差が激しく、身体を壊さないように注意が必要です。

日ごとに真夏に戻ったり、突然涼しくなることもありますので、しっかりした上着を準備してその日によって臨機応変に対応したほうがいいでしょう。

台南以南は相変わらず夏ですが、11月後半くらいになると涼しさを感じれるようになります。

台北と台南の雨事情

台湾のイメージってやはり南国なので、突然雨が降ったり、スコールが多いんじゃないか?と思われがちだと思います。

その通り。多いですスコール。

空を見てると、

あ、雨来るな。と思った数分後にザーッ!とか。

まあ日本でもゲリラ豪雨ってありますしね。

通り雨であることも多いので、待つのも手です。

台北などは移動手段に地下鉄などもありますし、雨でも移動にそんな困りません。

折り畳み傘を忍ばせておくといいでしょう。

で、台南はと言いますと、

実は台南って雨少ないんですよ。

年間総雨量は台北の半分以下の年も普通です。

その理由は、台湾はその島の右半分が大きな山になっているせいか、

東から流れ込んでくる雨雲が山に遮られ、北に外れていくんです。

先ほど書いた通り南国特有のスコールはたまにありますけど。

まあ台北台南問わず折り畳み傘くらいは持ち歩きましょう。

旅行ですし、備えあればです。

それと、台湾旅行で気になるのは梅雨の時期や台風だと思います。

台湾に梅雨はある?

はい、あります。

日本と同じようにありますが、

台湾の梅雨は5月中旬ころです。

日本の梅雨入りは6月中旬から沖縄九州が梅雨入りして、そのまま北へ北へと梅雨前線が進んでいきますが、

つまり、その梅雨前線が5月には台湾にあるんですね。

でも、台湾の梅雨って、

あれ?今梅雨なの?

あれ?梅雨ってもう終わったの?

みたいな感じであっという間に終わります。

期間は1週間か2週間程度です。

もともとスコールのようなものはありますし、

期間も短いので、梅雨だから特に困ったどうしたってことは無いです。

旅行でいらっしゃる時も、数日前に天気予報を見ておく程度で良いと思います。

台風の時期

台湾って、台風がバシバシ来てるイメージありますよね。

やはり旅行の時は一番気になるのではないでしょうか。

台湾の台風のシーズンは6月~9月です。

日本と同じように、太平洋で発生した大型低気圧がやってきます。

進路は大体東側から上陸することが多いです。

さきほど、台南は雨が少ないということを書きましたが、

台風も同様に北へそれて台南は直撃しないことが多いです。

そのかわり台北に被害が出るんですけど。。。

もしくは、台湾を横断せずに、高雄の南側をチッとかすって西に行くことが多いですね。

だいたい台湾に台風が一年のうちに直撃する回数は5回前後です。

結構多いなーって思うかもしれませんけど、日本と大して変わらないですよ。

このうち台北に台風が行くのは3~4回。

夏は1か月に1回程度来ると思ってください。

台南に住んでると、年に1回か2回ですね。

台風の時期は、台湾旅行の目玉とも言えるフルーツの時期です。

私も台湾旅行はこの時期をお薦めしたいので、運に身を任せるしかないかな?と言う感じです。

なんか他人事みたいですいません。。。


以上で台湾の服装と気候について説明させていただきました。

夏の時期が長いんですが、その夏こそがもっとも台湾を楽しめる時期だと思っています。

是非この記事を参考にしていただいて台湾旅行を満喫していただければ幸いだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。