魚のすり身で作った麺!卓家汕頭魚麺

台湾は麺料理が豊富

台南の街中には沢山の小吃店(軽食屋)があります。

とくに麺料理は手軽に食べることができるし種類も豊富です。

今まで麺料理と言えば、牛肉麺や擔仔麺や意麺などを紹介させていただきました。

台湾の国民食!牛肉麺

台南に来たなら擔仔麺を食べよう!

台南のローカル麺料理!鍋焼意麺

鱔魚意麺!台南の甘酸っぱいあんかけ焼きそば

今回紹介させていただくのは、珍しい魚のすり身をそのまま麺にした料理です。

台南で最も有名な魚麺屋

魚のすり身をそのまま麺にした料理、魚の麺と書いて魚麺(ユーミエン:yú miàn)と呼びます。

台南で一番有名な魚麺のお店は、卓家汕頭魚麺(ズオジャーシャートウ ユーミエン:Zhuō jiā shàntóu yú miàn)でしょう。

こちらのお店は台南中心の民生路にあり、この通り周辺にはスイーツ店や小吃のお店が沢山ある、いわば食べ歩きスポットでもあります。

住所:台南市中西區民生路一段158號

営業時間:10時00分~20時00分

店頭で魚麺をゆでているところが見れます。

休日なんかは混んでるときもありますが、平日の昼なので待たずに買うことができました。

メニューはあちらに。

頼むべきはもちろん魚麺。

湯、乾と書いてありますが、スープ有りか無しを選ぶということですね。

さらに、小、大と書かれています。

魚麺は少なめなので、大を注文することをお薦めします。

食べ歩きをいろいろしたければ小でも良いと思いますが。

肉燥飯(肉かけご飯)のタレでしょうか。

すごい惹かれます。

今回は注文しませんよ。

カウンターで注文をしてお金を払い待ちます。

出てきたらそれをもって席に行きましょう。

食事の場所はまさに台湾と言う感じ

席はお店の前と後ろにあります。

お薦めはお店の後ろ。

ガジュマルの木の横。

目の前にはお寺がドーンとあります。

お寺を見ながら食事になります。

The台湾と言う感じです。

魚麺の味は?

こちらが魚麺(湯)大椀。75元です。

麺は縮れている感じです。

この魚麺に使用されている魚はエソと言われているものらしいです。

魚をすり潰して作っているので、カマボコに近い味わい。

モチモチしていながらも、すり潰した魚肉が舌でもわかる。

食感がとにかく楽しいです。

スープは塩味のあっさりスープ。

魚麺との相性がバツグンでとても美味しいです。

ポンっと乗っかている海苔は混ぜるとスープに溶け出します。

磯の香りがする麺料理です。

別日に食べました、こちらは乾麺のほうです。

小を頼みました。

少し足りないので、燙青菜も頼んでいます。

麺にはごま油を垂らしてあり風味がとてもいいです。

暑い日にサラっと食べたいなら乾麺を頼むのも良いですね!

台南の食べ歩きに魚麺を是非堪能してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。