落成米糕 台南グルメ米糕の有名店

台湾グルメ米糕(ミーガオ)

今回紹介させていただくのは米糕(ミーガオ:mǐ gāo)と言う食べ物です。

台南が発祥と言われています。

米は想像される通りお米ですが、もち米を使っています。

糕(ガオ)と言う文字ですが、蒸し固めた塊のようなものを意味しています。

例えば蛋糕(ダンガオ)と言う言葉があるのですが、これは卵を意味する蛋(ダン)に糕(ガオ)という文字を付けたことで、カステラ、スポンジケーキなどを意味する言葉になっています。

では米糕(ミーガオ)は?というと、すなわちライスケーキなのです。

米糕には2タイプあるよ

ライスケーキと言わせていただきましたが、

その形は2種類あります。

ひとつはケーキと呼ぶにふさわしい形。

もち米を筒状に押し固めて、その上に具材が乗っているもの。

もう一つが、普通に茶わんにもち米をよそった状態で、その上に具が乗っているもの。

台南に多いのは圧倒的に後者のほうで、お茶碗タイプです。

台南で50年も続く老舗 落成米糕

こちらもお茶碗タイプのお店です。

場所は観光地赤崁樓のある通り民族路にあります。

住所:台南市中西區民族路二段241號

営業時間:10時30分~20時30分

お店は新しくなっていました。

店舗はキレイですが、50年以上続いている老舗です。

テーブル席は奥にありますが、注文は手前のカウンターで行います。

こちらがメニューです。

シンプルですね。

米糕は大小ありますが、大を注文します。

女性は小で良いかもしれません。

それと薬膳スープの四神湯(スーセンタン:Sì shén tāng)があるので、これも注文。

こちらが米糕になります。大で45元。

のっているのは、魚鬆(ユーソン:Yú sōng)と言われる、いわゆる日本でいうところの桜でんぶ。

色はピンク色ではないですが、こちらのほうが自然な気もしますね。

それと、豚の脂身を煮込んだもの。滷肉飯(肉燥飯)と同じ具だと思います。

そして酸小黄瓜は文字通り酸っぱいキュウリです。

お口直しにどうぞ。

混ぜて食べると良いということでしたので、豚も魚ももち米もよく混ぜました。

肉の汁が絡んで濃厚で美味しい。

魚鬆もそこまで甘くなくいい仕事をしています。

しかしそこまでこってり感はないので食べやすいです。

中にはホックリしたピーナッツも入っていました。

いわゆる粽(チマキ)のように凝縮されているわけでもなく、滷肉飯(肉燥飯)のようにコッテリでもない、その間と言う感じの食べ物ですね。

一緒に注文した薬膳スープの四神豬腸湯。

薬膳スープと言いながらも、そこまで漢方の強い匂いはせず、あっさりとした塩味のスープです。

腸の臭みも無く飲むと落ち着くそんな味でした。

台南発祥の米糕、観光の際は是非食べに来てください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。