阿堂鹹粥!台南でサワラとサバヒーのお粥

台湾で有名なお魚と言えばサバヒー(虱目魚)

特に台南ではその養殖場が沢山あり、新鮮なサバヒーを食べることができます。

以前、サバヒーの名店として呵憨虱目魚を紹介しました。

サバヒーがどんなものかと言うこともこちらの記事に書いてあります。

呵憨虱目魚粥 虱目魚(サバヒー)ってなに?

今回紹介させていただくのもサバヒーの名店。

こちらはさらに町の中心に近くアクセスも良い場所です

西門路沿いサバヒーの名店 阿堂鹹粥

阿堂鹹粥(アタンシエンゾウ:Ā táng xián zhōu)は台南のメイン通りでもある西門路沿いにあるサバヒー粥の名店です。

西門路の三越から近いです、

もしくは國華街という若者の観光地街からも近いです。

住所:台南市中西區西門路一段728號

営業時間:5時00分~12時30分

定休日:火曜日

営業時間にびっくり、朝の5時からやってます。

お粥を朝ごはんに食べに来る人がいるのでしょう。

店頭で店員っぽい人に声をかければ席に案内してくれます。

日本語が少しできる人もいますよ。

店の前の席に座ろうとしたら、

こっちのほうが涼しいよ!

と奥に案内されました。

メニューは入り口に貼ってあったのですが、

書いて注文するものありました。

メニューの意味はこちらを参照。

メニューでよく使われる漢字の意味を紹介

湯はスープのことです。

こちらの名物は、もちろんお粥ですが。

頼むのであれば、

虱目魚粥(スムユゾウ:Shī mù yú zhōu):サバヒー粥

魠粥(ドゥトゥオゾウ:Dù tuō zhōu):サワラ粥

綜合粥(ゾンフーゾウ:Zònghé zhōu):総合粥

と言うところでしょう。

今回はいろんなものが入っている綜合粥を注文しました。

具だくさんで大満足!綜合粥

台南の名店のお粥とご対面です。

これが綜合粥(130元)です。

具の量が本当にすごい!

米の量よりも多いんじゃないですか?

総合と言うことで入っているのは、

サバヒー、魠はもちろん、牡蠣も入ってます。

魚の皮も入ってます。

食感がたのしい、魚の旨みがしっかり凝縮されている塩味のお粥です。

サワラは一度焼かれた後に入っているため香ばしいです。

サバヒーもさすが台南、生臭さも特になく、サバヒーが持ってる魚の脂身の旨みがしっかりでています。

お粥とは言え侮れない。

このいっぱいで相当のボリュームでした。

最後まで具沢山で美味しいお粥でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。