台北西門町の大人気麺線店、阿宗麺線

台湾の料理の人気グルメ麺線とは

麺線(ミエンシエン:miàn xiàn)を皆さんご存知ですか?

麺線は台湾ではそうめんのこと。

そして、大腸麺線と呼ばれるトロミの付いたスープにホルモンと一緒に入れられた麺線が台湾グルメとして非常に人気があります。

今回はそれの台北の人気店にやって気ました。

西門町の大人気店、阿宗麺線

その人気店。阿宗麺線(アゾンミエンシエン:Ā zōngmiàn xiàn)は、若者の街、西門町と呼ばれる場所にあります。

地下鉄、板南線(青)か松山新店線(緑)を使用して、西門站(西門駅)に来ましょう。

阿宗麺線には6番出口が一番近いと思われます。

この西門町は台湾の若者が集まる場所で、

日本でいえば原宿のようなところでしょうか。

この日は平日の雨と言うこともあって人は少ないですが、

いつもは大変な賑わいです。

阿宗麺線の場所はこちら

住所:台北市萬華區峨眉街8-1號

営業時間:9時00分~23時00分

こちらの地図からもわかるように、西門駅から非常に近いです。

西門町の真ん中、大きな通り進んでいき、最初の道路を右に曲がれば到着です。

以前はテーブルや椅子などもあったんですが、

あまりに人気が出てしまいこむようになってしまったので、今は立ち食いのみになっています。

お値段は大で70元、小で55元。

台湾では食べ歩きを沢山しますので、ここでは小を注文しました。

注文をすると、手にいかつい刺青の入ったお兄さんが手際よくよそってくれます。

物の一分かからず、はいどうぞ。

上に載っているのはパクチーではなく、

よく台湾バジルと呼ばれる九層塔(ジョウツェンター:Jiǔcéngtǎ)と言うものです。

味に癖があります、少し食べて苦手なら捨てちゃってください。

私は問題ないです。

麺線は食べるのはスプーン(レンゲ)で食べるのが一般的、

少し食べにくいですが。

トロトロのスープと一緒に麺を口に運ぶとびっくり!

味は鰹節のダシの味なんですね。

それもかなり濃厚な。

和風ダシと言っても過言ではないくらい、濃厚なカツオの味がします。

美味い~~!

こちらの麺線は大腸麺線。

ホルモンが入っています。

ホルモンとは言えと独特の臭みは全ったくありません。

脂の旨みがしっかりします。

濃厚なカツオのダシの味とよく合うんです。

麺線の種類には牡蠣が入ってるものなどもありますが、ここでは一択です。

少し食べたら味変をすることをお薦めします。

店頭にはセルフで味を変えられるように、このようなタレが置いてあります。

左から、辣椒(辛み),蒜醬(ニンニク汁),烏醋(黒酢)

私は酸味があるのが好きなので烏醋を大めに。

どれも麺線のかつおダシにピッタリの味です。

一度食べたら癖になる。

台湾では必食の麺線を紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。