台湾でマンゴー 食べられる時期と値段、切り方と食べ方

6月からマンゴーの季節

皆さん!

6月になり、台湾ではすっかりマンゴーの季節です!

朝市にいっても、街中のかき氷屋さんやジュース屋さんに行っても、どこに行ってもマンゴーがゴロゴロ転がっています。

台湾に来たらこれを食べずに帰る選択肢はありません!

今回のブログではマンゴーの買い方や値段、切り方を紹介します。

新鮮なマンゴーを買って頬張りましょう!

マンゴーが食べられる時期は?

台湾で最も有名なのは愛文芒果。

芒果の読み方はマンゴーですよ、念のために。

愛文(アーウィン)は台湾のマンゴーの中でも特に甘みと香りがあり、

我々が一般的にマンゴーと言えばこれを想像します。

台南の近くには、玉井と呼ばれるマンゴーの産地があり、

台北よりも、台南に来ればより新鮮なマンゴーに出会えます。

といっても、台北で出回っているマンゴーも十分新鮮ですけど。

玉井には台南からバスで行くことができます。

現地では青果市場で山盛りのマンゴーが破格で売っており、

もちろんマンゴースイーツのお店もあります。

行き方はこちらを参照

→マンゴーの聖地でマンゴーかき氷!玉井への行き方とマンゴーかき氷

マンゴーは沢山の品種があり、その品種ごとに食べられる時期が異なります。

愛文であれば早いところでは4月から、5月にはある程度の店で見られますが、

6-8月が最盛期です。

9月でもギリギリ食べられます。

ですので、もし、台湾でフレッシュな生マンゴーを食べたい!と思われたらこの時期に来ましょう。

この時期以外でも台北のかき氷屋さんなどには、マンゴーかき氷は売っていますが、

それは冷凍マンゴーを解凍したものです。

味がそこまで落ちると言うこともありませんが、

気持ち的な問題でやっぱり生マンゴーがいいですよね!

ちなみに、台南では時季を過ぎるとマンゴーかき氷はありません。

以前、時期が過ぎてたせいでマンゴーかき氷が食べられなかったお話

台湾のフルーツてんこ盛りかき氷!裕成水果

このときはマンゴーかき氷は食べられませんでしたが、フルーツいっぱいのかき氷で満足して帰りました。

マンゴーが旬の時期に台南で食べたかき氷はこちらです。

台南のマンゴーかき氷と言えばここ!

マンゴーの値段は?

市場に行って購入してきました。

勿論購入したのは愛文芒果。

値段は一つ、50元(180円くらい)くらいでした。

重さで量り売りされますので、大体と言うところです。

マンゴーにも等級と言うものがあり、高いものは1個100元以上(400円弱)します。

もちろん等級が良いほど甘いですよ。

スーパーなどで売ってるものは等級も良く甘いです。

市場は安いですが、それでも十分甘いんですけどね。

しかし、100元と言っても、日本のマンゴーは何千円もしますからね、

贅沢に等級高めを買ってもいいでしょう。

あと、シーズン後半は売れ残りの傷んだマンゴーが1個15元とかでたたき売りされてます。

買う時に、できればこう言ってください。

「我今天想吃」(ウォージンティエンシャンツー)

すなわち、今日食べたい。

マンゴーも他のフルーツと同じように、寝かせるほど甘くなります。

買ったばかりのマンゴーは熟しておらず、若干硬いです。

今日食べたい、と言って買えば、お店の人が選んでくれます。

中国語の発音なんかできん!と思いますので、

Today!Today!Eat!

と言えば通じるかな?

それと購入したときに、

「切嗎?」(チエマ?)切る?

と聞かれることもあります。聞かれないこともあります。

カットしてもらってパックしてもらえば簡単に食べられますね。

旅行者は包丁なんて無いので、そうしてもらえるといいですね。

今回は購入して冷蔵庫で冷やして、自分で切りました。

切り方も紹介します。

マンゴーの切り方

こちらが冷やしたマンゴーです。

見た目は変わりません。

いくつか切り方もあると思いますが、

私がいつも切っている方法を紹介します。

まずはマンゴーのおへそを確認。

マンゴーはまん丸ではなく、長丸なんですね。

薄いほうに三枚おろしにします。

切るのは赤い線の方向です。

理由は、水色の位置に長丸の種があるからです。

こちらが三枚おろしにされたマンゴー。

この時点で甘い汁がでまくりです、

早くしゃぶりたいです。

外側の二枚には、格子状に包丁で線を深く入れます。

できる限り深めに入れるのがコツです。

ここまで来たら、あとは皮を内側に押し込みます。

ブリリーン!とね!

皆さんもみたことあるでしょう、

写真によく見るあの形になりました!

三枚おろしの真ん中の種の部分にも身はあります。

種の部分の皮を剥きました。

このまましゃぶっても良いですし、

周りの果肉をそぎ落としても良いです。

それではマンゴーにしゃぶりつきたいと思います。

さすが!台湾で食べるマンゴーの新鮮さ!みずみずしさ!

とにかく甘くてジューシー!

こんな甘いマンゴーが安くて食べられるのは台湾において他にないです。

みなさんも是非台湾にマンゴーを満喫しに来てください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。