台湾人が喜ぶ日本のお土産とは

台湾に住んでいるとはいえ、年に数回は日本に帰っています。

しばらく留守にしてまた台湾に戻るわけですが、

手ぶらで帰るのは忍びないのでお土産を買います。

これまでの台湾へのお土産の中で喜ばれたものなんかを紹介していきたいと思います。

日本のお土産と言えば?

日本には電化製品など機械も優れているイメージを持たれていますが、

もちろんそんな高価なものである必要はありません。

(お金払うから買ってきてなんて言われたこともありますが)

お土産は基本的に食べ物ばかりです。

しかし、台湾には既にたくさんの日本食や御菓子が進出しています。

どういうものが喜ばれたか、どんなものが台湾に無い、もしくは手に入りにくいか、

いくつか実例を挙げながら紹介したいと思います。

あんこは喜ばれない

日本のお菓子と言えば、どら焼きや最中(もなか)などあんこが使われているお菓子。

これはどちらも台湾では大定番です。

スーパーに行けばお菓子やパンのコーナーに必ずあります。

さらには羊羹なんかも売られています。

よほど、「日本のこのメーカーのこれが美味しいから是非食べてほしい!」

という気持ちが無ければ買っていくのは控えたほうが良いでしょう。

煎餅は好き

煎餅(せんべい)は喜ばれることが多いです。

中には日本のは美味いよね~と喜んでくれる人もいます。

台湾にも煎餅はあります。

ソフト煎餅のようなものはあるんですが、

お米の硬い煎餅、醤油を塗って香ばしく焼いたものはあまり見ないです。

なかでも鉄板で喜ばれるのは歌舞伎揚げですね。

日本人である僕も大好きなんですが。

最近は大きめのスーパーであれば台湾でも歌舞伎揚げは売っています。

しかし、やはり割高で買う人も少ないのか、買っていってあげると喜んでもらえます。

もちろん他のおせんべいも喜ばれます。

良く買うのは、お徳用の割れおかき。

これは安いしたくさん入ってるので配るのには持って来いです。

グミやソフトキャンディや飴

日本のグミはすごいんですよ。

日本に帰るたびに、

あれ?また新しい商品出てる。って思うんですけど。

食感も味も、他の国でここまで高いクオリティはないです。

台湾人の方もかなり高確率で喜んでくれます。

しかも一袋100円とかですからね。

人数分、一人一袋買ってもお安く上がって助かります。

ただし、歌舞伎揚げと同じで、すでに台湾に進出してるものもたくさんあります。

果汁グミはとっくに出てます。

コロロが日本で発売したとき台湾に持っていったら、

こんな美味しいの初めて!と言ってかなり喜んでもらえました。

しかし、このコロロも最近は台湾のコンビニに置いてありますね。

でも日本の倍くらいの値段で売られていますので、今も買っていっても喜んでもらえると思いますよ。

もちろん他にも新商品が出たら買って行ってあげるのはありだと思います。

ソフトキャンディもありです。

ただし、ハイチュウもやはり台湾で発売しているので、

例えば地方限定や期間限定の味なんかを選ぶといいと思います。

そういえばこちらの、いちごみるくと言う名前の飴。

これのウケも非常に良かったです。

私自身も、うわっ懐かしい!と思いながら買って行ったんですけど。

これは単純に美味いですよね。

茎わかめ

コンビニのおつまみコーナーではお馴染みです。

え?と思われるかもしれませんが、これが結構ウケがいいです。

毎回これ買ってこいって言ってくる人もいるくらいです。

ヘルシーで健康的と言うイメージがウケているんだと思います。

わさび味や抹茶味のお菓子

わさびや抹茶って日本独特の文化だと思っていたんですけど、

実はわさびは台湾から日本へ輸出しています。

阿里山(アーリーサン)ではわさび田もたくさんあり、日本統治時代に伝えられたものらしいです。

漢字では山葵と書くのですが、台湾では「わさび」と日本と同じ発音で通じます。

しかし、わさびは日本の食べ物文化と言う考え方もあり、

わさび味のお菓子も喜ばれます。

わさび味のお菓子も台湾では出ていますが、数は少なめです。

それと、抹茶も最近台湾では御菓子に使われたりして定番化してきていますが、日本の味として認識されています。

抹茶を使ったチョコレートや甘いお菓子なんかも喜んでもらえたりします。

お酒は喜んでもらえる?

相手がお酒好きなら当然喜んでもらえます。

焼酎、日本酒、ウイスキー、どれも喜んでもらえます。

相手の好みに合わせてあげましょう。

日本のお酒は、台湾で購入すると、3倍近い値段したりします。

日本で1500円くらいの720mlの焼酎が、5000円近い値段で売っていたりしますので、

現地で売られているものだとしても買って行ってあげるのは良いと思います。

梅酒なんかは、男の人でも好きな人はもちろんいますが、

日本と同じように女性が喜んでくれることが多いです。

男の人でお酒が好きであれば、やはり日本酒が良いと思います。

男の人と書いておいてアレですが、この写真の真ん中にある南部美人は、

台南、高雄など南部に住む女性に渡すとウケが良いです。

你是南部美人(あなたは南部美人です)」と言って渡してあげましょう。

台湾ではお酒が飲めるのは18歳からです。

でも若い人はそんなにお酒飲みませんけどね。

もちろん空港で買ってもいい

コンビニやスーパーで買えるお土産を紹介しましたが、

もちろん空港で買っても良いです。

私はだいたい成田空港を使用していますが、

後になって買い足したいときや、時間がないときは空港で買います。

これは日本でも定番の坂角総本舗のゆかり。

海老のおせんべいです。

台湾人はエビが大好き。飛びつきます。

ヨックモックのシガール。

最初はだれかに頼まれて買いました。

前もらったことがあって、美味しかったからまた食べたいと。

台湾にも似たようなお菓子で蛋卷(ダンジュエン:Dàn juǎn)があります。

日本の蛋卷だ!といって食べさせています。

成田空港は千葉県なので、落花生のお菓子も置いています。

こちらの米屋のピーナツ最中は、ピーナッツの餡が入った特殊な最中ですが、

最中もケースもピーナッツの形をしているため、見た目でのウケがいいですね。

味もイケてます。

これからもお土産を渡しながら台湾人の様子を見て、もしいい反応のものがあったらこちらで報告したいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。