台湾の生活費 一か月いくらで生活してる?

物価は台湾のほうが安い?

旅行で来られる方が金銭で目に付くのは、せいぜい食費や交通費などだと思われます。

そのため、台湾は日本より物価が安いとイメージされている方も多いと思います。

しかし、台湾に住むとなればわからないこともあります。

電話代、水道代、電気代など、生活費というものが発生しますね?

台湾に住んでみたいと考える方、もしくは台湾に駐在で来られる方などの参考にしていただくために、

実際私が台湾に住んでいて払っている金額から、だいたいいくらくらい払えばいいのか算出したいと思います。

私が住んでいるのは台湾の中でも比較的物価の安い台南ですが、台北など家賃の高い場合も考慮して、家賃と食費など何パターンか提示させていただきたいと思います。。

※1元=3.7円で計算しています。

何にお金を払っているの?

まずは台湾で主に何にお金を使っているのかを紹介します。

  • 家賃
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 通信費(インターネット)
  • 通信費(スマホ)
  • 通信費(ケーブルテレビ)
  • 食費
  • 散髪
  • 交通費
  • その他(生活用品、観光、娯楽など)

ざっとこんなもんでしょうか。

自分で書きだして思ったんですけど、日本に住んでて払うものと同じですね。笑

項目ごとに説明をしていきます。

一番最後に1か月間の生活費の合計を紹介したいと思います。

家賃

都会と田舎ではもちろん家賃は変わります。

日本人が多く住む台北と私の住んでいる台南それぞれを例にして説明させていただきたいと思います。

台北

台北の街中でワンルームなら2万元前後(7.4万円)、2DKなどで探せば6万元前後(22万円)

日本の東京と大して変わらないです。

正直、台北の街中に住むなら日本と比較して価格面でメリット無いです。

なので街中より離れた郊外に住んで、街に通うようにしてみてはどうでしょう。

中心より電車で30分も離れた台北郊外から通うようにすれば、ワンルーム8000元前後(3万円)、2DKなどなら2.5万元(10万弱)

台南

台北ちょっと高いなーと思ったあなた。

ここで台南の値段を見てみましょう。

街の中心の駅まで歩いていける距離でワンルーム約5000元(18000円)

中心から若干離れたところには大きなマンションもあります。

こちらのマンション、20000元(75000円くらい)も払えば、

2LDKか3LDKで、プール、運動ジム付きの高級マンションに住めます。

台南だと驚くほど安くなります。

もちろん台北のほうが娯楽などは多いですが、

台南だからと言って生活に困ることはありません。

ちょっと都会に出たければ高雄に行くこともできます。

台湾の物件については591という物件検索サイトがあるので参考にしてみてください。

google検索に「591」と記入するだけで見ることができます。

光熱費

電気代

台湾は暑いところですから、エアコンが欠かせませんね。

台湾では電気代は2か月に1回だけ2か月分をまとめて支払いますが、1か月とした場合で説明します。

私はエアコンをリビングと寝室の2部屋使用ましたが、それを例に挙げると。

電気代は1000元(3700円)ほどあればいいと思います。(ワンルームなら500元強くらいかも)

ただし、夏の暑いときであれば1500元(5500円)くらい行くかもしれません。

日本よりは安いでしょうか?

ガス代

ガスを使うのは料理とお風呂くらいだと思うんですけれど。

台湾では台所が無い家も多いです。

ワンルームなら特にないですね。

外食文化なので、家で料理しない人も結構いるのです。

私の家はあったので、あくまで私の家の場合ですけど。

300から400元くらいですね(1000円から1500円)

比較的料理はするほうなんですが、大体このくらいです。

あとガスと言えばお風呂のお湯を沸かすことを想像されますが、湯舟の無い家が多いです。

シャワーだけです。

お風呂につかる習慣が無いので。

水道代

水道水は飲めません。料理にも使えません。

身体を洗う時のシャワーと、

あと、洗い物などに使いますね。

大した金額ではなく、200元程度ですね。

通信費

インターネット

お部屋にインターネットをつないでいました。

プランがどんなものがいまいちわかってませんけど、

950元(3700円)でした。

とくに不満もなく快適でした。部屋の中はwifi飛ばしてました。

携帯電話(スマホ)

中華電信という台湾の電話会社と契約していました。

1136元でネット4G使いたい放題です。

電話も使えます。(みんなLINEだからほとんど使わないけど)

日本ではネット使い放題は、台湾では吃到飽(ツーダオバオ)と言います

吃到飽は、吃:食べる、到:たおれる、飽:あきる

と文字が表す通り、食べ放題という意味なんですが、

台湾ではインターネット食べ放題という意味で、ネット使い放題を吃到飽というらしいです。

ケーブルテレビ

テレビが無いと寂しいのでケーブルテレビを契約していました。

月1070元(3900円)でものすごいチャンネル量が見れます。100チャンネルくらいある。

日本の番組もありますし、日本のアニメもあります。

幽遊白書とか、スラムダンクとか懐かしいアニメの再放送もやってます。

最近のアニメもやってますよ。

日本の人気ドラマなら、日本にほぼ遅れずに放送していることもあります。

食費

屋台なんかでは50元とか100元で済ませてるイメージもありますが。

レストランに入れば日本と同じくらいかかります。200~300元くらい(750円~1000円)

また、居酒屋みたいなところに行けば600元(2200円)以上かかることもたまにあります。

基本的に屋台や小吃で済ませたとしても、たまにはお洒落なレストランに行ったり、ビールを飲みながらつまみも食べたいでしょう。

贅沢に過ごしたとして、週に一回は居酒屋なんかにいけば、だいたい1週間に4000元(15000円)くらいでしょうか。

1か月ですと、16000元(58000円)ですね。

もちろん節約して過ごせば半額くらいに抑えられると思います。

散髪

髪は勝手に伸びてきますから。

しかも台湾は暑いからさっぱりしたくなります。

100元なんて店もあるんですが、綺麗な美容室で切ってもらえば600元ほどですね。

頭皮マッサージなんかもしてもらえて気持ちいいです。

交通費

これは仕事の関係や住む場所によって異なると思いますが、

週1でどこかに行くことを考えて1週間に300元(1000円)程度と考えます。

ということで月1200元ですね。

そのほか

住んでいれば必要になってくるものもあります。

服であったり、洗剤や台所用品、トイレ用品。

女性であれば化粧品も必要ですし、服も買いたいかもしれません。

3000元(1万円)程度としましょうか?(適当)

1か月にかかる生活費は?

以上のことを踏まえて生活費を算出します。

家賃と食費が大きく左右するので3パターンこちらに記載したいと思います。

家賃20000元、食事を比較的贅沢した場合。

項目 台湾元 日本円
家賃 20,000 74,000
電気代 1,000 3,700
ガス代 300 1,110
水道代 200 740
通信費(インターネット) 950 3,515
通信費(スマホ) 1,136 4,203
通信費(ケーブルテレビ) 1,070 3,959
食費 16,000 59,200
散髪 600 2,220
交通費 1,200 4,440
その他 3,000 11,100
合計 45,456 168,187

家賃5000元、食事を抑えた場合。

項目 台湾元 日本円
家賃 5,000 18,500
電気代 1,000 3,700
ガス代 300 1,110
水道代 200 740
通信費(インターネット) 950 3,515
通信費(スマホ) 1,136 4,203
通信費(ケーブルテレビ) 1,070 3,959
食費 8,000 29,600
散髪 600 2,220
交通費 1,200 4,440
その他 3,000 11,100
合計 22,456 83,087

家賃5000元、食事を比較的贅沢した場合。

項目 台湾元 日本円
家賃 5,000 18,500
電気代 1,000 3,700
ガス代 300 1,110
水道代 200 740
通信費(インターネット) 950 3,515
通信費(スマホ) 1,136 4,203
通信費(ケーブルテレビ) 1,070 3,959
食費 16,000 59,200
散髪 600 2,220
交通費 1,200 4,440
その他 3,000 11,100
合計 30,456 112,687

一番ありえそうなのは3パターン目の「家賃5000元、食事を比較的贅沢した場合。」だと思います。

だいたい月10万円前後あればいいかなという感じでしょうね。


いかがでしたでしょうか。

安い部分も確かにありますが、驚くほど安い金額ではないと思われます。

もちろん今回公開した金額は、私の経験上の数値ですので、これより安い金額にもできるかもしれません。

台湾にこれから住まわれるかたの参考に少しでもなれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。