高雄の旗津(チージン)で海鮮料理を堪能!デザートはかき氷!

高雄は台湾の港町

今や台湾第2の都市と言われている高雄です。

高雄は発展した港町で台湾の南側に位置します。

港町高雄

旅行で台北に行かれた方も、高鐵(台湾新幹線)で高雄まで2時間弱で到着できますし、

飛行機も、成田ー高雄便、大阪ー高雄便などがあり、日本からの観光客も多くなっています。

私が住む古都台南にもローカル電車で30分で来れますしお薦めの観光スポットです。

そんな港町高雄では手軽にフェリーに乗れて、しかも美味しい海鮮料理を食べることができる場所があります。

離れ島?旗津にフェリーで行く!

離れ島のようですが、旗津(チージン:Qí jīn)はもともと半島でした。

港町として機能するようになり、一部を切り開くことで船の出入りの利便性を高めたそうです。

旗津にはフェリーで行きます。

まず高雄のMRT(地下鉄)で西津湾駅に行きます。

そこからフェリー乗り場まで歩いてすぐです。

フェリーは一人たったの15元(50円くらい)です。

10分おきに行ったり来たりしていますので、時間を気にせず行きましょう。

カラーリングされたフェリー

フェリーはかわいらしくペイントされていました。

バイクで乗れる

このフェリーは安い値段からもわかるように。市民の足として使われいます。

2階建ての作りなのですが、1階はバイクで乗り入れるようになっていて、バイクとともに対岸の旗津に渡ります。

85階建てのタワー

フェリーとすれ違います

旗津のフェリー発着所

しばし船の上からの景色を堪能します。

バイクに乗って出てくる人たち

到着したらフェリーの中からバイクに乗って出てくる人たちが。

日本では見られない光景ですね。

旗津を散策

到着したらさっそく散策しましょう。

フェリー発着所の前は老街になっており、お店が沢山あります

沢山ある海鮮料理屋

とくに海鮮料理店が多いですね。

それは後で行くとして、まずは老街を抜けて海まで行ってみましょう。

海水浴場

海辺には公園があります。

ちゃんと整備されておりゴミなどほとんど落ちていません。

海岸

きれいな海岸ですね。

海水浴場と書かれていましたが、この日は泳いでる人はいませんでした。

海産物が沢山ある市場

道なりに海水浴場を右手に見ながら歩くと、左側に市場があります。

市場はアーケード型になっています。

活気に満ち溢れちました。

さすが海沿いの市場なだけあって海産物が沢山あります。

乾物もありますので、お土産になるものもありますよ。

海鮮料理を食べよう

お腹が空いてきたら先ほどの道を戻って先ほどの海鮮料理屋に行きましょう。

台湾では外せないチャーハン

ボイルしたエビ

焼きイカ

蟹さん

魚とかも頼んだんですけど写真撮り忘れました。

注文の仕方ですが、基本的なメニューもありますが、

テーブルに着席後、店頭に行き、ショーケースなどに並べられた魚から食べたいものを選び調理法を指示ます。

わからなくても店員さんが適当にお薦めしてくれます。

日本人客もよく来るのか少し日本語しゃべれます。

「これ焼き?」「これ揚げる?」

という感じでどんどん注文します。

値段はひとり300元(1000円)行ったかどうか、値段は忘れましたけど。

値札は無いので頼みすぎないように。値段を聞きながら注文したほうがいいですよ。

最後はマンゴーかき氷で〆!

お腹がまんぷくになったら、先ほどのフェリー乗り場からもとの西津湾のほうに戻ります。

フェリーから降りてすぐのところにかき氷屋さんがいくつかあるのに気が付くと思います。

沢山サインがあるかき氷屋さん

ひと際目を引くサインが沢山ある店があったのでこの店でデザートを食べることにしました。

すでに溶け始めているかき氷

マンゴーかき氷。溶け始めてる写真しかなかった。。。

お腹がまんぷくだったので小さいもの。暑くてすぐに溶けちゃうけどその分美味しいですね!


高雄に来られることがあればぜひ旗津の観光と海鮮料理を堪能してください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。