台南のインスタ映えスポット!安平樹屋

この場所は、モデルさんであったり、アニメなどのコスプレをしてる人がいたり、個人の宣材写真を撮りに来ている人など、撮影をしている人たちがよくいらしています。

インスタに限らず、写真好きな人ならきっと来てみたいと思うことでしょう。

台南の安平区(アンピンク)にある、安平樹屋(アンピンスーウー:Ānpíng shù wū)を紹介します。

安平樹屋とは?

安平樹屋はもともとはイギリス商人が塩の倉庫として使用していたといわれています。

使われなくなってからというもの、台湾に自生しているガジュマルの木が倉庫を侵食してしまいました。

長らく放置されていた倉庫はガジュマルが複雑に絡み合い、壁や屋根は樹木により破壊され人が近付ける様子ではなかったといいます。

現在では保存維持が行われ、内部に入れるように改装されました

安平樹屋

入場料は50元(180円くらい)です。

敷地内には 德記洋行というイギリス商人の家を改装して作った白塗りの歴史資料館があるのですが、内部は撮影禁止なので、今回はこちらの樹屋だけの紹介をしたいと思います。

安平樹屋内部

安平樹屋内部

内部はこのような感じになっています。

レンガ造りなのですが、補強のために鉄骨が張り巡らされています。

屋根の上

ガジュマルの髭が垂れ下がっている

台南は年の一年のほとんどは真夏なのですが、この安平樹屋の中は外より4~5℃は低いのでしょうか。ひんやりしています。

根が張り付いた外壁1

根が張り付いた外壁2

根が張り付いた外壁3

ジブリの世界観にもありそうな景色です。

確かにこの樹屋で撮影すれば写真映えもインスタ映えもしますね!

営業時間 8時30分~17時30分

住所 台南市安平區古堡街108號

場所は台南の中心から離れていますが、中心からタクシーで20分くらい、120元(400円くらい)でしょうかね。

安平区は台南のいわゆる港に位置しており、海が非常に近いです。

安平樹屋のほかにも、安平古堡、安平老街、安平開臺天后宮などといった観光地が沢山あるので台南でも欠かせない観光エリアになっています。

台南に来たら街中心ばかりでなく、ぜひ安平まで足を運んでみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。