台南の風景写真1

どこか懐かしさを感じる台南の風景

台湾の何気ない街の風景に、ついついカメラを向けてしまうことがよくあります。

特に台南は、日本ではないはずなのに何故か懐かしさを感じさせてくれるような不思議な情緒があります。

観光地として紹介するほどではありませんが、

台南に住んできた中で、何気なくカメラを向けて撮影してしまった。

台南の何気ない街の風景を紹介していきたいと思います。

台南の風景写真

街の中にたたずむ大きなガジュマルの木

このガジュマルの大きさは台湾全土でもトップクラスです。

環状道路

バイクは周りを走り、車は中を通る。

立派な寺(廟)

台南は100mおきくらいに寺があります。

みつおの名言

やれなかった やらなかった どっちかな?台湾で考えさせられる言葉。

これは日本語教室の看板です。

路地裏

台南は路地裏が沢山。

まだまだ現役のオート三輪者

壁のラクガキとの相性がバツグン。

台湾にもあるしまむら

しまむらは漢字で思夢樂(Sī mèng lè)と書きます。スーモンラーといった感じの発音で当て字です。

焼き鳥屋さん

古民家をイノベーションして作った日本式焼き鳥屋さん。

昔からある映画館

看板は昔からの手法ですべて手書きです。

大きい印刷ができない当初は大きな看板を設置するために

わざわざ手書きをしていたそうです。

「不可能的任務」はミッションインポッシブルです。

昔からある映画館(夜)

撮影した日が違いますが、なんと「君の名は。」が上映されてました。

「君の名は。」は中国語で「你的名字。」(Nǐ de míngzì)です

古井戸

もう使われていませんが。昔はここで水を汲み洗濯したのでしょう。

壁画のある路地

路地裏の写真撮るの好きです。

コインランドリー

歩道に沿っておかれたランドリー

あさくさ?

國華街という繁華街沿いにある浅草という名前が付けられたアーケード街。

今はすこし寂れています。

常夏の国

気持ちのいい天気。

街の中心から少し離れると広い道で大きな空が拝めます。

今後シリーズ化して少しずつ紹介していきます。

→台南の風景写真2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。